冷えは万病の元!?(2016/2/15)

 身体の不調のサインの1つに、『冷え』があります。所謂、冷え性かなと思われる方は注意してくださいね。
 冷え性の原因の1つは、血液の流れが悪くなっていると考えられております。また血行が悪いと、むくみや、だるさ、肩こり、腰痛、関節の痛みなどを引き起こします。冷えは運動不足や、偏食、ストレスなど、ライフスタイルが大きく関わります。
 基本となる食生活の改善は、身近で毎日のことなので大切です。
血行を促す食べ物→→大豆・鶏肉・ごま油・玉ねぎ・生姜・えび・あじ・さば・ココア・桃など
血行を妨げる食べ物→なし・パイナップル・ばなな・そば・コーヒー・トマト・きゅうりなど
 これらをふまえ、ビタミン・ミネラルが不足しないような食材を意識しましょう。
 あと身体を動かすことも心掛けましょう。限りなく運動不足の世の中です。階段や、近所は歩いてを意識して代謝の向上、毛細血管の発達に努めましょう。血管も筋肉です。働きが弱くなります。
『冷えは万病の元』といわれます。『温活』で冷え性を改善し、身体の機能を高め、健康的な身体を目指しましょう!!

                                              すずらん整骨院受付 村上


« 戻る