こむら返り(2016/1/31)

 よく『足がつって寝るのに困る』という問合せがございます。特にふくらはぎが多いようで、これは専門的には『腓腹筋痙攣』というようてす。原因はたくさんありますが、①過度の緊張→疲労によるもの②筋腱のセンサー誤差動→運動不足③ミネラルバランスの崩れ→発汗や飲みすぎ④血行不良→下肢は心臓から遠く滞りやすい⑤その他→脊髄疾患、神経疾患、薬剤などなどがあります。
お悩みの方、少しでも予防につとめることができる方法の中に食事があります。次にあげるものは『痙攣』を予防するのにいいとされる栄養素です。意識してみてはいかがですか?
・ミネラル→大豆、ごま、枝豆、ひじき、かぼちゃ、ワカメ、煮干、牛乳、玄米、バナナ、干しぶどう、野菜ジュース
・ビタミンB1→玄米、うなぎ、レバー、豚肉、まぐろ、かつお、大豆
・ビタミンE→アーモンド、ひまわり油、抹茶、唐辛子、あゆ
・タウリン→いか、たこ、牡蠣、あさり、しじみ
・イオン→スポーツドリンク
 これらを意識してみてください。また筋肉の緊張が強い方、脚が疲れてるかなと思われる方、当院の施術を1度お受けになられてはどうですか?かなり楽になると思いますよ。
             すずらん整骨院  受付 佐川

« 戻る