学童期の投球障害

野球をされているお子さんをお持ちの方や、野球を経験されたことのある指導者の方は、野球肘という言葉を何度も耳にされたことがあると思います。この「野球肘」という言葉は病名ではなく総称名であって、大きく分けると『成長期野球肘』と『成人期野球肘』に分類され、それぞれ障害のおこる組織が違い、病態は様々だということを念頭におくことが大切となってきます。

小学生の場合、将来野球を続ける場は中学・高校・大学・社会人又はプロ・草野球と様々ですが、成長しきった時にどれだけ良好な状態で関節を温存できるかが後のプレーに重要だと、現段階でポイントといわれております。なので成長期(特に小学生時)に過度の負担を強いれないことが大切です。

子供はよっぽどひどくならないと自分から『休む』とは言いません。むしろ痛みが存在してても『投げる、大丈夫』などと言います。普段から”休む事は悪くないこと”、”痛くなったら気軽に言える”といった環境づくりを、周りの大人がつくってあげることが、野球肘の重症化を防ぐ一番の方法です。野球肩も同じです。スポーツ医学は一昔前に比べて、ものすごく発展してきましたが、グランドにいる大人達がそれを理解しなければ何もかわりません。せっかく始めた野球というスポーツを長期離脱、諦めるというふうにならないためにも、ケアや予防に努め万全の状態で常にプレーして楽しんでほしいと願います。

成長期の野球肘でもっとも注意が必要なものに、離断性骨軟骨炎というものがあります。簡単に要約すると上腕骨の関節部(外側部)が変性・壊死していくものです。進行すると病巣部が遊離し、関節内を骨片が移動する状態(関節ねずみ)となり関節の制限をきたします。また治療期間も1年かかることもあり、手術が必要になることもございます。この病態がやっかいなのは、初期は無症状だということ。症状が出現してきた頃には、進行していることが多いです。しかし早期発見ができればこのかぎりではございません。

少しでも早期発見が重要だということと、関心をもっと深めるため、当整骨院では野球肘評価とメディカルチェックを随時おこなっております。

野球肘評価とメディカルチェックの詳細 

対象 小学4年生以上
内容 エコー(超音波による観察)
・超音波は骨や軟骨、周囲の組織を総合的に評価ができます
・レントゲンより分解度が高く、また小児に対しても非侵襲的で安心
身体チェック 推奨される可動域の測定および改善のためのドリル
料金 3,500円

※完全予約制…チェックポイントを細かく診ていくため時間がかかります。ご了承ください。
※チーム単位でお考えの場合、ご相談下さい。

野球肘について

投球 肘のレントゲン

内側型

野球肘の中で一番多く、投球動作において肘の内側が引っ張られる力が働き発生

内側上顆炎 上腕骨内側上顆(肘の内側の突起)には前腕屈曲群(手首を曲げる筋)や回内筋群(手首を内側にひねる筋)が付着しており、それらの筋が過剰に収縮することにより、微細な損傷が入り炎症が起こった状態。
骨端線離開 骨端線は成長期の子供において骨が成長していく部分です。
その部分の付着する筋肉や靱帯が投球動作による牽引力によってはがれてしまう状態。疲労骨折の一種とも考えられひどくなると成長障害が起 こります。
内側上顆裂離骨折 投球動作中、肘の内側には引っ張られる力が働き回内筋群や屈筋群、靱帯が伸ばされその力が強くなると、上腕骨内側上顆の下端にひきちぎられる力が働き骨折を引き起こします。

外側型

離断性骨軟骨炎 肘外側の軟骨の障害です。投球動作中に肘の外側には圧迫力が加わり、繰り返し骨と骨がぶつかる事によって軟骨部分が変性や壊死していく障害です。特徴は小~中学生に多く、初期には無症状で早期発見が難しいことです。

後方型

ボールのリリースからフォロースルーにかけての肘の伸展(肘を伸ばす)が繰り返し行われる事によっておこる。

後方インピンジメント 肘の伸展の際、肘頭(肘の後ろ突起)肘頭窩(肘頭が入るくぼみ)とで衝突(インピンジメント)したり、肘関節内にある滑膜ひだと呼ばれる部分が骨と骨の間で挟み込まれ炎症がおき、痛みの原因となります。
肘頭炎 肘頭には、上腕三頭筋が付着し、リリース期からフォロースルー期においてよく働き、過剰に収縮し続けると付着部分で炎症がおきます。
肘頭疲労骨折 肘関節の後方のインピンジメントが繰り返しおきたり、上腕三頭筋の過剰な牽引力が肘頭部分に働き続けると疲労骨折がおきたりします。
また、成長期の子供では肘の内側型と同様、骨端線離開がおこります。

診療時間

診療時間
AM9:00〜PM12:00
PM3:00〜PM7:30 1~2時

※部活動などで通いたいけれども診療時間内に来院が難しい方、お電話にてご相談ください。
 短い期間での学生の部活動を頑張れるようできる限りサポート致します。

土曜日の午後は1~2時まで診療いたします。 休診日/日曜日・祝日

お問い合わせ・ご予約

TEL/FAX 079-437-1988
TEL/FAX 079-437-1988
スマートフォンは、電話番号をタップすることで電話がかけられます。

すずらん整骨院は完全予約制ではありませんが、来院の際にはお問合わせ(ご予約)される事をおすすめしています。お問合わせ頂ければ、混雑しないと予想される時間帯をお伝えすることができ、スムーズなご案内ができるようになります。(但し、急患などで状況が変化する場合もございますので、ご容赦下さい。)

アクセス

駐車場7台有り。播磨町、稲美町、明石市、高砂市など加古川市以外の方もご利用いただいております。お気軽にお問い合わせください。

住所 〒675-0127 加古川市別府町石町96番地